LUXE BODY LESSON

ゆらトレ®

2014.08.04

体を作る食事と楽しむ食事


こんにちは。

ゆらトレ®の宮澤理恵です。

この頃、女子力をあげようと

がんばっているらしい娘。

娘『今日のこのコーディネートどう??自信あるんだけどニコニコ

う、コメントしずらい汗

私『スカートの色とシャツの色が合ってていいね!あとは素材の感じや

スタイルをイメージできるといいね!』

ふー。女子力アップへの道、まだまだ遠し。

さてさて

ゆらトレ®とと並行して

毎日の食事は体づくりにとってとっても大切です。

日々の食事の内容の良い方は

お体の変化も早いです。

やむを得ず外食を続けなければいけない

状況の方も多いのですが

ちょっとしたアイデアで食問題を解決することが

できます。

ある方は

夜の外食がある日は必ずお弁当を持参。

またある方は

残業のときには味噌玉(みそに乾物をいれたもの、だしいらずで便利)

を持参。ジャンキーなものを食べないために。

味噌汁を飲むと気持ちも落ち着くとのこと。

などなど他にもいろいろありますが

基本的な考え方としては

『楽しむ食事と体をつくる食事は分けて考える』

外食だとどんな素材を使っているのかまで

把握はできないけど、場の雰囲気を楽しんだり

自分では作れない味に出会えますよね。

反面、外食に栄養のバランスを当てはめるのは

難しいです。

時に外食でもできるだけ野菜を食べています!と

話してくださる方もいらっしゃいますが

あくまでも提供側に自分を合わせているだけなので

実態はかなりアンバランスです。

体を作る食事は

調味料や使う食材にこだわって

かつ

体が喜んでいるとか

元気になるような気がするとかを

意識できるとなおいいですね!

レパートリーは少なくとも

十分に満足できるのが

体をつくる食事の醍醐味です。

体を作る食事が充実すればするほど

外食も罪悪感なく

楽しめます音譜